東松由興税理士事務所 HOME > よくある質問 > 会社設立 > Q 会社設立時の資本金はいくらにすると良いですか

よくある質問

Q 会社設立時の資本金はいくらにすると良いですか

A 会社設立時に資本金が1,000万円以上の場合、設立と同時に消費税の課税事業者になってしまいます。資本金が1,000万円未満であれば2事業年度は消費税の免税事業者になりますので、特別の事情が無い限り資本金は1,000万円未満にしたほうがよいでしょう。

このページの上へ